Prehistoriclifemanの日記

このブログでは、恐竜やディメトロドンなどの単弓類、パレオパラドキシアなどの束柱類、メガロドンなどの大型水生生物、マンモスなど、様々な古生物動画をアップします。 古生物と会えるスポットに訪問したり、化石発掘や古生物・恐竜イベントに参加したりします。 一緒に古生物の世界を楽しみましょう♪

【古生物紹介】ドードー

今回は、ドードーの紹介です。

モーリシャス島に約400年前までに生息していた鳥です。

モーリシャスドードーと呼ばれます。

f:id:Prehistoriclifeman:20200124214741p:plain

ドードーの復元模型

ドードーは、ポルトガル語で"のろま"を意味ます。

その名の通り、とってもゆっくりと歩いていて、容易に捕まえることができたことからドードーと名付けられました。

体長は1mほどでした。

 

ドードーは、わずか400年前までインド洋マスカリン諸島のモーリシャス島に生息していました。

モーリシャス島は1500年初頭にポルトガル人よって発見されました。

当時モーリシャス島には、ドードーの天敵となるような生物がいませんでした。

また、落下したもしくは低い位置になった木のみを主食としていました。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20200124215305p:plain

ドードー全身骨格模型

こうした背景から、ドードーは何かから逃げる必要も、追う必要もなく、足が遅く飛べない鳥となりました。

そういった中で、人類が島に上陸したのです。

襲われることがなかったドードーは、人を恐れなかったことから、次々と捕まっていきました。

特に1638年にオランダ人がモーリシャス島に住むようになると、急激に数を減らしていきました。

そして40年後には絶滅してしまいました。

f:id:Prehistoriclifeman:20200124215656p:plain

ドードーの復元模型

脚が短くて、身体は羽毛でふっくらとしています。

とっても可愛い鳥ですし、ゆっくりと歩く姿はより可愛らしかったことでしょう。

この目で見てみたかったです。

 

動画もご覧ください。