Prehistoriclifemanの日記

このブログでは、恐竜やディメトロドンなどの単弓類、パレオパラドキシアなどの束柱類、メガロドンなどの大型水生生物、マンモスなど、様々な古生物動画をアップします。 古生物と会えるスポットに訪問したり、化石発掘や古生物・恐竜イベントに参加したりします。 一緒に古生物の世界を楽しみましょう♪

古生物スポットまとめ

過去に当ブログ及びYoutubeでご紹介した古生物スポットをご紹介しています。

色分けは、Sランク(紫)⇒Aランク(赤)⇒Bランク(オレンジ)⇒Cランク(黄色)⇒Dランク(緑)⇒Eランク(青)の順でおススメです。

 

主観での評価ですが、展示古生物の数、大きさ、リアルさ、動きなどを評価対象としています。

随時更新していきます。

 

【古生物紹介】プテラノドン

今回は、プテラノドンをご紹介します。

 

基本情報
名前:プテラノドン
学名:Pteranodon
分類:翼竜目オルニトケイルス上科プテラノドン
時代:白亜紀後期
体長:翼開長7~9m
食性:魚食

 

f:id:Prehistoriclifeman:20210101093313p:plain

プテラノドン不可動型復元模型(そらにいどんだ勇者たち:群馬県立自然史博物館)

プテラノドンは、白亜紀後期に生息した翼竜類です。

名前の由来は「歯のない翼」です。

"プテラ"=翼

"ノドン"=歯がない

f:id:Prehistoriclifeman:20210101094202p:plain

プテラノドン可動型復元模型(ディノアドベンチャー名古屋)

翼竜の一種として翼を持つのは一般的な特徴ですね。

一方、ランフォリンクスやアンハングエラのように歯を持つ翼竜は数多くいる中で、プテラノドンは歯を持ちません。

これが名前の由来になったんですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210101094137p:plain

プテラノドン一部実物化石(そらにいどんだ勇者たち:群馬県立自然史博物館)

プテラノドンのもう一つの特徴と言えば、やはり頭部のトサカでしょう!

プテラノドンの化石には、その身体・翼・頭部の大きさと比較して大きいものや小さいものなど様々なサイズのトサカが発見されています。

大小ある要因の一つとして、孵化した直後は小さく徐々に成長していくことが挙げられます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210101094720p:plain

プテラノドン不可動型復元模型(那須ハイランドパーク)

もう一つの要因としては、オスメスの違いではないかという説があります。
オスはトサカが大きく、繁殖時にメスへのアピールに利用されていた可能性が考えられます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210101094603p:plain

プテラノドン不可動型復元模型(こども動物自然公園)

プテラノドンは化石の胃の位置から魚が発見されているケースがいくつもあります。

魚を食べていたことが明らかです。

歯がないため、魚をそのまま丸呑みしていたことで、胃の中の魚が化石として残りやすかった(判別しやすい状態で残りやすかった)のですね。

空を飛び上空から獲物を見つけ、海にダイブし捕らえる、魚にとって恐ろしいハンターでした。

f:id:Prehistoriclifeman:20210101120007p:plain

プテラノドン不可動型復元模型(栃木県立博物館)

プテラノドンは、何と言っても翼竜を代表する種です。

その為、博物館や遊園地など様々な施設でその姿をみることができます。

 

動画もご覧ください。

【古生物玩具】ポケットアニア Vol3「ティラノサウルス Red ver 」「スピノサウルス Black ver 」「カルノサウルス」「フタバサウルス」「パラサウロロフス」

今回は、2021年5月に各地のゲームセンターに登場した、ポケットアニア 恐竜 Vol.3をご紹介します。

2020年7月登場のVol.1と2021年1月登場のVol.2に続いてのポケットアニア 恐竜シリーズ第3弾ですね!

 

今回のポケットアニアは、「ティラノサウルス Red ver 」「スピノサウルス Black ver 」「カルノサウルス」「フタバサウルス」「パラサウロロフス」5種類です。

これらのポケットアニアは、ゲームの景品になっています。

今回は、ゲームセンターに行ってUFOキャッチャーで5種コンプリートを目指しました。

今回は2種のUFOキャッチャーにチャレンジしました。

どちらも1回100円です。

 

まずはこちらのUFOキャッチャーです。

手前にスピノサウルスとカルノタウルスが置いてあります。

この2体を狙います。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094403p:plain

UFOキャッチャー1機目(ポケットアニアVol.3)

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094454p:plain

ピノサウルス Black ver.ゲットの瞬間(ポケットアニアVol.3)

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094505p:plain

カルノタウルス ゲットの瞬間(ポケットアニアVol.3)

ピノサウルスとカルノタウルスとゲットできましたが、かなりの回数かかりました。

やはり下手です。

 

ゲーム機との相性が悪いのかなと、ゲーム機のせいにして別のゲーム機で再度チャレンジしました。

こちらは、パラサウロロフスとフタバサウルスが手前に置かれています。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094515p:plain

UFOキャッチャー2機目(ポケットアニアVol.3)

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094547p:plain

パラサウロロフス ゲットの瞬間(ポケットアニアVol.3)

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094606p:plain

フタバサウルスゲットの瞬間(ポケットアニアVol.3)

ティラノサウルスはゲーム機内に置かれていなかったので、店員さんを呼んで在庫からもってきていただきました。

親切な店員さんでした。ありがとうございました!

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094529p:plain

ティラノサウルス Red ver. ゲットの瞬間(ポケットアニアVol.3)

さぁ、5種ゲットしました!

今回も長細い箱に入っていました。

このサイズだと小型のUFOキャッチャーでも掴めるんですよね♪

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094625p:plain

箱(ポケットアニアVol.3)

中にはエアパッキンに包まれたアニアたちにが入っています。

ゲームでの負荷で壊れないようになっていますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094637p:plain

包装状態(ポケットアニアVol.3)

ポケットアニア5種がすべて同じ系統の色ということはありませんね。

やはり、ゲーム機に飾った際の見た目を考慮しているのでしょうか。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094648p:plain

取り出した状態(ポケットアニアVol.3)

こちらはティラノサウルス Red ver.です。

真っ赤というより赤茶色といった方がしっくりくるかもしれません。

背側は濃い茶色です。

全体的に光沢があります。

ギミックは、口と後肢の合計3ヶ所です。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094705p:plain

ティラノサウルス Red ver.(ポケットアニアVol.3)

 

ピノサウルス Black ver.です。

ほぼ黒色で腹側がグレーです。

ギミックは口と前肢、後肢の合計5ヶ所とかなり多いです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094717p:plain

ピノサウルス Black ver.(ポケットアニアVol.3)

続いてカルノタウルスです。

背側が濃い緑色、腹側がクリーム色です。

この配色は、Vol.1トリケラトプスVol.2のステゴサウルスと同じです。

ギミックは、口と後肢の合計3ヶ所です。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094732p:plain

カルノタウルス(ポケットアニアVol.3)

続いてフタバサウルスです。

背側が黒色で腹側は薄いグレーから白色です。

カウンターシェーディングを表現しているものと思われます。

ギミックは首の1ヶ所のみです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094747p:plain

フタバサウルス(ポケットアニアVol.3)

最後にパラサウロロフスです。

背側がオレンジもしくは茶色で腹側がクリーム色です。

ギミックは首と後肢の合計3ヶ所です。

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094759p:plain

パラサウロロフス(ポケットアニアVol.3)

ポケットアニアは、景品にしているゲームセンターが限られているようです。

事前にホームページなどでご確認ください。

また、ティラノサウルスが少なくなっていた印象です。

さすがスター恐竜といったところですが、なくなる前にゲットしましょう!

f:id:Prehistoriclifeman:20210605094838p:plain

全5種(ポケットアニアVol.3)

 

動画もご覧ください。

 

【古生物紹介】ディロフォサウルス

今回は、ディロフォサウルスのご紹介です。

 

基本情報
名前:ディロフォサウルス
学名:Dilophosaurus
分類:竜盤目獣脚亜目ディロフォサウルス科
時代:ジュラ紀
体長:5m~6m
食性:肉食

 

f:id:Prehistoriclifeman:20201107084750p:plain

ディロフォサウルス(那須ハイランドパーク ディノワールド)

 

ディロフォサウルスは、ジュラ紀に生息した肉食恐竜です。

獣脚類の中では中型と言える大きさで、体長が5~6mありました。

f:id:Prehistoriclifeman:20201107084528p:plain

ディロフォサウルス(伊豆ぐらんぱる公園)

ディロフォサウルスの最大の特徴は、何と言っても頭部にある2つのトサカでしょう。

左右で対になったトサカは、名前の由来にもなっています。

"ディ"が2つを意味し、"ロフォ"がトサカを指します。"サウルス"は様々な恐竜についていますが、トカゲの意味ですね。

トサカは飾りですが、求愛や威嚇に利用されていました。

 

さて、ディロフォサウルスと言われて、頭部のトサカよりも首元のエリマキをイメージする方も多いのではないでしょうか?

1993年に公開された「ジュラシックパーク」に登場したディロフォサウルスの姿を思い浮かべてのものでしょう。

実は、ディロフォサウルスの化石などからは、このエリマキの痕跡は全く見つかっておりません。

また、「ジュラシックパーク」の映画及び小説の中では毒を吐き出し攻撃するシーンがありますが、これも痕跡は見つかっていません。

エリマキと毒はあくまで演出なんですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201107085600p:plain

ディロフォサウルス頭部アップ(那須ハイランドパーク)

毒は吐き出せないとしても、ディロフォサウルスには鋭い牙と大きな口があります。

また、かなり素早く動けたため、小型の小動物を捕らえることができました。

 

エリマキや毒がなくても魅力的なディロフォサウルス

人気恐竜であるため、その姿を見る機会も度々あります。

是非、会いにいってみてください!

 

動画もご覧ください。

 

【古生物紹介】サリアス

今回は、サリアスをご紹介します。

 

基本情報
名前:サリアス(タリアス)
学名:Tharrhias
分類:ネズミギス目サバヒー科
時代:白亜紀
体長:20~70cm
食性:植物食?

 

f:id:Prehistoriclifeman:20210518221408p:plain

サリアス全身実物化石(城西大学水田記念博物館大石化石ギャラリー)

 

サリアスは、白亜紀の南米地域に生息した魚類です。

ブラジル北東部のアラリペ盆地には、たくさんの魚類の化石が発掘されるRomualdo層という白亜紀前期の地層があります。

このRomualdo層から、サリアスの化石もたくさん発掘されています。

身体は細長く20cmから最大70cm程度とかなり開きがあります。

背の中央付近には、幅が狭く高さのある三角形状の背びれがありました。

f:id:Prehistoriclifeman:20210518221425p:plain

サリアス全身実物化石(葛生化石館)

口は細く歯がありませんでした。

食性は解明されておりませんが、現生のサバヒー科が植物食であることから、サリアスも植物食だったものと思われます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210518221437p:plain

サリアス全身実物化石 アップ(葛生化石館)

また、恐竜のいた白亜紀の海を群れで泳いでいたようです。

この特徴も現生のサバヒーと同様です。

泳いでいた姿を見てみたかったですね

f:id:Prehistoriclifeman:20210518221447p:plain

サリアス全身実物化石 アップ(企画展:化石研究所へようこそ※茨城県立自然史博物館)

 動画もご覧ください。

 

【古生物スポット紹介】東山動植物園

今回は、愛知県名古屋市にある東山動植物園をご紹介します。

 

★おススメ度 Cランク

評価理由ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎プラス点

・大型の石像恐竜が3体

・小型の石像恐竜が2体

・全ての石像にオリジナリティがある

・自然動物館には様々な古生物が描かれた生物年表がある

 

×マイナス点

・全ての石像に色が付いていない

・柵に囲まれていて触ることはできない

・化石などの展示はなし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:Prehistoriclifeman:20210317221505p:plain

入口 (東山動植物園)

イケメンゴリラ シャバーニが有名なこちらの動植物園。

園内には500種の動物たちがいます。

名古屋市の大人気動植物園です。

f:id:Prehistoriclifeman:20210318230100p:plain

イケメンゴリラ シャバーニ (東山動植物園)

園内はモノレールが走るほど広いです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210318230209p:plain

頭上を通るモノレール (東山動植物園)

 こちらは、自然動物館です。

一つ目の古生物スポットです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210318230314p:plain

自然動物館 外観(東山動植物園)

館内にも様々な動物がいます。

中でも爬虫類が充実していて、大型のワニもいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210318230429p:plain

ナイルワニ (東山動植物園)

この中に進化年表というイラストがあります。

過去に生息していた生物たちが描かれています。

※画像ブレててすいません。

f:id:Prehistoriclifeman:20210318230526p:plain

進化年表 古生代(東山動植物園)

f:id:Prehistoriclifeman:20210318230539p:plain

進化年表 中生代(東山動植物園)

もう一つの古生物スポットに向かいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210319220109p:plain

園内マップ(東山動植物園)

園内マップの中央あたりに小さな池が見えます。

こちらが古代池と言って、恐竜たちのいるスポットです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210319220126p:plain

園内マップ 古代池(東山動植物園)

古代池周辺です。

恐竜たちは姿がかなり大きいのでかなり目立ちます。

また、ここに恐竜たちは全て全身グレー色の石像です。

f:id:Prehistoriclifeman:20210319220147p:plain

イグアノドンとブロントサウルスの不可動型復元模型 (東山動植物園)

イグアノドンです。

目がクリっとしています。

身体は全体的に太くてガッチリしています。

f:id:Prehistoriclifeman:20210319220201p:plain

イグアノドン不可動型復元模型(東山動植物園)

トリケラトプスです。

トリケラトプスは上半身のみです。

角がかなり鋭利です。

また、フリルが枝分かれして花びらのようです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210319220217p:plain

トリケラトプス不可動型復元模型(東山動植物園)

ブロントサウルス(アパトサウルス)です。

さすがに竜脚類!大きいです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210319220234p:plain

ブロントサウルス不可動型復元模型(東山動植物園)

こちらは名前表示がありませんでしたが、プロトケラトプスかな~と思っています。

卵から孵化したてで可愛らしい姿をしていますが、目は鋭いです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210319220245p:plain

プロトケラトプス不可動型復元模型(東山動植物園)

動物たちだけでなく、恐竜たちもいる東山動植物園

是非とも恐竜たちにも会っていってあげてください♪

動画もご覧ください。

【古生物紹介】ケサイ(コエロドンタ)

今回は、ケサイ(コエロドンタ)をご紹介します。

 

基本情報
名前:ケサイ(コエロドンタ)
学名:Coelodonta
分類:奇蹄目サイ科ケブカサイ属
時代:第四紀更新世
体長:3.5~4.0m
食性:植物食

 

f:id:Prehistoriclifeman:20201216215455p:plain

ケサイ(コエロドンタ)全身骨格レプリカ(神流町恐竜センター)

ケサイは、第四紀更新世のユーラシアに生息したサイの仲間です。

シベリアの永久凍土から皮膚が残った状態で発見されています。

そして、皮膚には多数の密度が濃く長めの毛が生えていました。

その為、毛深いサイであるとして、"ケサイ"もしくは"ケブカサイ"と名付けられました。

また、学名の由来は「中空の歯」です。


"コエロ"=中空腔

"オドンタ"=歯

 

その名の通り、歯には空洞があるのです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201216220038p:plain

ケサイ(コエロドンタ)頭部実物化石(東海大学自然史博物館)

 

ケサイのもう一つの特徴は、頭部にある2本の角です。

額に短い角、鼻の上には長い角を持ちます。

現生のサイとは長さも形も全く違いますね!

f:id:Prehistoriclifeman:20201216220720p:plain

ケサイ(コエロドンタ)頭部骨格レプリカ(豊橋市自然史博物館)

永久凍土で眠りについたケサイたち。

様々な情報を残してくれた貴重な存在です。

 

動画もご覧ください。

 

【古生物スポット紹介】練馬区立こばと児童遊園

今回は、東京都練馬区にある練馬区こばと児童遊園をご紹介します。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20210104132648p:plain

公園名表示(練馬区こばと児童遊園)

★おススメ度 Eランク

評価理由ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎プラス点

・可愛らしいながら、特徴を捉えた遊具が2体

 

×マイナス点

・サイズが小さい

・数が少ない(2体のみ)

・他の公園でもよく見かける市販の遊具のみ

・かなり汚れている

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

住宅地にある小さな公園です。

公園の中心には藤棚があります。

訪問時は季節外れでしたが、5月には綺麗に花を咲かすでしょうね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210104132748p:plain

藤棚(練馬区こばと児童遊園)

注意事項が結構あります。

小さな公園ですので球技関係はダメです!

f:id:Prehistoriclifeman:20210104132850p:plain

禁止事項表示(練馬区こばと児童遊園)

f:id:Prehistoriclifeman:20210104132906p:plain

サッカー禁止表示(練馬区こばと児童遊園)

遊具は恐竜以外にブランコのみです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210104132940p:plain

ブランコ(練馬区こばと児童遊園)

水飲み場とベンチがあるので、少し休憩するには良いかもしれません。

f:id:Prehistoriclifeman:20210104132955p:plain

水飲み場(練馬区こばと児童遊園)

リンク遊具が2体です。

2体とも日都産業株式会社さんが製作している、定番の恐竜リンク遊具ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210104133219p:plain

ティラノ・トリケラ リンク遊具(練馬区こばと児童遊園)


赤色と黄色のティラノサウルスです。

剥がれなどは足元以外見受けられず劣化は進んでいないようです。

ただ、前後がかなり汚れています。

f:id:Prehistoriclifeman:20210104133042p:plain

ティラノサウルス リンク遊具(練馬区こばと児童遊園)

青色と黄色のトリケラトプスです。

ティラノサウルスと同様に足元以外に剥がれなどはないようです。

汚れはティラノサウルスほどではありませんが、首下が少し汚れています。

f:id:Prehistoriclifeman:20210104133054p:plain

トリケラトプス リンク遊具(練馬区こばと児童遊園)

藤棚が美しいこばと児童遊園。

汚れながらも2体の恐竜が子供たちを楽しませているようです。

 

動画もご覧ください。