Prehistoriclifemanの日記

このブログでは、恐竜やディメトロドンなどの単弓類、パレオパラドキシアなどの束柱類、メガロドンなどの大型水生生物、マンモスなど、様々な古生物動画をアップします。 古生物と会えるスポットに訪問したり、化石発掘や古生物・恐竜イベントに参加したりします。 一緒に古生物の世界を楽しみましょう♪

【古生物紹介】アパトサウルス(ブロントサウルス)

今回は、アパトサウルスをご紹介します。

f:id:Prehistoriclifeman:20200122220358p:plain

竜脚類アパトサウルス

1877年に報告された古くから知られる大型植物恐竜です。

アパトサウルスは、ギリシャ語のアパーテー、日本語で言うと騙すを意味します。

モササウルスの骨に似ていて、研究者でも見分けがつかなかったことから、この名前が付きました。

その後、1879年にブロントサウルスが報告されました。

ギリシャ語のブロントス、日本語で雷を意味することから、ブロントサウルスやカミナリ竜と呼ばれました。

当時、アパトサウルスブロントサウルスは別の種と考えられていました。

しかし、その後の研究結果により、1903年アパトサウルスブロントサウルスは同一種であることが報告されました。

これにより、先に名付けられたアパトサウルスのみが正式名称となりました。

しかし、アパトサウルスよりもブロントサウルスの名前の方が親しまれていたため、現在でもブロントサウルスと呼ぶ方が非常に多いのです。

このような、別名を"シノムニ"と言います。

f:id:Prehistoriclifeman:20200122220029p:plain

古い展示はカミナリ竜やブロントサウルスと表記されているものが多い

 

ディプロドクス科に属しますが、この中では首が太くてとっても頑丈です。

f:id:Prehistoriclifeman:20200122220658p:plain

比較的太く頑丈な首

長い首は上下よりも水平方向に動かし、周囲の木々の葉を食べていました

身体が大きく動きづらい分、首の動きで食事をカバーしていたのです。

f:id:Prehistoriclifeman:20200122221143p:plain

水平方向に首を動かし植物を食べていた

また、前脚の親指と後脚の3本の指かぎ爪となっているのも特徴の一つです。

f:id:Prehistoriclifeman:20200122220839p:plain

指の一部が"かぎ爪"になっている

最近は、アパトサウルスの名も馴染んできましたが、ブロントサウルスの名は今もなお大人気です。

個人的には、こういった経緯があったということとともに、ブロントサウルスの名前を伝えていきたいですね。

 

動画もご覧ください。