Prehistoriclifemanの日記

このブログでは、恐竜やディメトロドンなどの単弓類、パレオパラドキシアなどの束柱類、メガロドンなどの大型水生生物、マンモスなど、様々な古生物動画をアップします。 古生物と会えるスポットに訪問したり、化石発掘や古生物・恐竜イベントに参加したりします。 一緒に古生物の世界を楽しみましょう♪

【古生物スポット紹介】かつやま恐竜の森 チャマゴン広場&ティラノサウルス広場

今回は、福井県勝山市の「かつやま恐竜の森」の中にある"チャマゴン広場"と"ティラノサウルス広場"をご紹介します。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002615p:plain

アパト&ティラノ不可動型復元模型(かつやま恐竜の森 ティラノサウルス広場)

★おススメ度 Bランク

評価理由ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎プラス点

・【チャマゴン】フクイティタンとフクイラプトルの不可動型復元模型がいる

・【チャマゴン】フクイティタンはすべり台と一体化している

・【チャマゴン】ティラノサウルスの頭部の不可動型復元模型

・【チャマゴン】ティラノサウルスの頭部は口の中に入ることができる

・【ティラノ】ティラノサウルスアパトサウルスの不可動型復元模型がいる

・【ティラノ】ティラノサウルスアパトサウルスともにかなり巨大

 

×マイナス点

・【チャマゴン】フクイラプトルはかなり表面が剥がれている

・【ティラノ】巨大な復元模型は2体のみ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

福井県立恐竜博物館のある「かつやま恐竜の森」には、たくさんの恐竜たちが暮らしています。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129003150p:plain

外観(福井県立恐竜博物館

その「かつやま恐竜の森」で、無料で恐竜たちに会えるスポットの中でも、規模の大きい2大広場をご紹介ます。

一つ目のスポットは、"チャマゴン広場"です。

広場の中で高低差があり、低い位置にティラノサウルスの大きな頭部があります。

子どもたちが口の中に入って遊べます。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002742p:plain

ティラノサウルス頭部不可動型復元模型(かつやま恐竜の森 チャマゴン広場)

坂を上っていくと、かなり芝生の広場が広がっています。

そこには竜脚類とそれを追いかける2頭の獣脚類がいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002757p:plain

フクイティタン&フクイラプトル不可動型復元模型(かつやま恐竜の森 チャマゴン広場)

追いかけている獣脚類は、フクイラプトルです。

後方には、上に乗らないよう注意喚起する表示が立てられていますが、その横に"カツヤマリュウ(フクイラプトル)"と表示されています。

カツヤマリュウは、フクイラプトルの学名が付けられる前の呼び名ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002813p:plain

フクイラプトル不可動型復元模型①(かつやま恐竜の森 チャマゴン広場)

もう1体もフクイラプトルです。

結構リアルに作られています。

ただ、表面はかなり剥がれてきていますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002825p:plain

フクイラプトル不可動型復元模型②(かつやま恐竜の森 チャマゴン広場)

そして、こちらが竜脚類のフクイティタンです。

後を振り返る姿をしています。

追いかけて来るフクイラプトルを見ているのかもしれませんね。

フクイラプトル同様に表示が立てられています。

名前は"スギヤマリュウ(フクイティタン)"とあります。

こちらのスギヤマリュウも、フクイティタンという学名が付けられる前の呼び名ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002841p:plain

フクイティタン不可動型復元模型(かつやま恐竜の森 チャマゴン広場)

肢が太くて力強さを感じさせます。

シワの感じとかとっても雰囲気出ています。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002853p:plain

フクイティタン不可動型復元模型 肢(かつやま恐竜の森 チャマゴン広場)

もう一つの広場が"ティラノサウルス広場"です。

巨大な竜脚類と獣脚類がいます。

竜脚類は、アパトサウルスです。

全体的に黄色です。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129002924p:plain

アパトサウルス不可動型復元模型(かつやま恐竜の森 ティラノサウルス広場)

前肢を見ると尖った爪が一つだけ見えます。

竜脚類の特徴を再現したものと思います。

こういったところにこだわりを感じますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129003248p:plain

アパトサウルス不可動型復元模型 前肢拡大(かつやま恐竜の森 ティラノサウルス広場)

獣脚類はティラノサウルスです。

全体的に緑色をしています。

アパトサウルスに負けなくくらいの巨大さです。

アパトサウルスの首に噛みついてます。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129003036p:plain

ティラノサウルス不可動型復元模型(かつやま恐竜の森 ティラノサウルス広場)

・・・と思ったら、見る角度を変えるとちょっと隙間が空いています。

まだ噛みつかれていないようです。

しかし、こんな巨大なティラノサウルスに絶対絶命ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129003058p:plain

アパト&ティラノ不可動型復元模型 頭部拡大(かつやま恐竜の森 ティラノサウルス広場)

アパトサウルスティラノサウルスの頭部の下を遊具の通路が通っています。

子どもたちはここを通り抜けてすべり台へと向かっていきます。

途中で見上げれば、迫力あるアパトサウルスティラノサウルスを間近でみることができます。

こんな体験できる場所、中々ありませんよ~。

f:id:Prehistoriclifeman:20220129003109p:plain

アパト&ティラノの下を通る遊具通路(かつやま恐竜の森 ティラノサウルス広場)

 

福井県ならではの恐竜に出会える"チャマゴン広場"と、異なる時代を生きた2体の夢の対決が見られる"ティラノサウルス広場"。
とっても楽しい場所ですので、是非とも遊びに行ってみてください!


動画もご覧ください。