Prehistoriclifemanの日記

このブログでは、恐竜やディメトロドンなどの単弓類、パレオパラドキシアなどの束柱類、メガロドンなどの大型水生生物、マンモスなど、様々な古生物動画をアップします。 古生物と会えるスポットに訪問したり、化石発掘や古生物・恐竜イベントに参加したりします。 一緒に古生物の世界を楽しみましょう♪

【古生物スポット紹介】東海大学自然史博物館(Tokai University Natural History Museum)

今回は、東海大学自然史博物館(Tokai University Natural History Museum)をご紹介します。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20210912104223p:plain

入口(東海大学自然史博物館)

 

★おススメ度 Aランク

評価理由ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎プラス点

・博物館の外にはタルボサウルスとケティオサウルスの復元模型が2体

・恐竜の全身骨格レプリカが多数

・ケナガマンモスやディメトロドンなど恐竜以外の古生物たちの全身骨格レプリカ多数

・植物やアンモナイトなどの化石展示も多数

 

×マイナス点

・可動型の復元模型はない

国立科学博物館 地球館福井県立恐竜博物館などと比較すると展示数は少ない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

東海大学自然史博物館のお隣には、東海大学海洋科学博物館という海洋生物展示の充実した博物館があります。

別名"海の博物館"です。

画像の右側にあるのが、東海大学自然史博物館、奥に見えるのが海の博物館です。

海の博物館も楽しいですよ~。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917212511p:plain

奥に見える海の博物館(東海大学自然史博物館)

こちらが、東海大学自然史博物館の正面です。

ガラスに恐竜たちの姿が描かれたり、トリケラトプスと思われる頭骨も見えます。

いかにも古生物に力を入れている博物館とった感じです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917212944p:plain

入口正面(東海大学自然史博物館)

入口の隣には2体の恐竜がいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213114p:plain

入口隣の恐竜2体(東海大学自然史博物館)

手前にいるのがタルボサウルスです。

頭部が赤、顎が黄色、身体が緑色と、とってもカラフルです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213144p:plain

タルボサウルス不可動型復元模型(東海大学自然史博物館)

竜脚類の方はケティオサウルスです。

タルボサウルスと比べて色が地味です。

竜脚類にありがちな、後ろを振り返っている姿です。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213216p:plain

ケティオサウルス不可動型復元模型(東海大学自然史博物館)

入館してすぐ右側には、トリケラトプスの産状化石があります。

頭骨でこの大きさ!大きいですね~。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213243p:plain

トリケラトプス産状化石レプリカ(東海大学自然史博物館)

展示場には、まずこちらのエスカレーターで向かいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213515p:plain

3階へのエスカレーター(東海大学自然史博物館)

エスカレーターの横の壁にはエディアカラ生物群の化石が展示されています。

動きながらなのでじっくり見ることはできませんが、エスカレーターに乗っている時間までも古生物との出会いを演出してくれるのはありがたいことです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213527p:plain

3階へのエスカレーターに展示される化石(東海大学自然史博物館)

3階フロアに着くと、まずは"脊椎動物の発展"のコーナーです。

水の中で誕生した生物が、陸上へと上がっていった進化の歴史が展示されています。

こちらは、ヘリコプリオンの歯ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213419p:plain

ヘリコプリオン歯化石レプリカ(東海大学自然史博物館)

続いて、ボスリオレピスです。

いかにも硬そうです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213610p:plain

ボスリオレピス化石レプリカ(東海大学自然史博物館)

プテリクチスです。

こんな状態で化石として残るなんて、奇跡ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213642p:plain

プテリクチス実物化石(東海大学自然史博物館)

陸上に上がってきました。

イムリアです。

イムリアって、なんだか可愛らしいですよね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213735p:plain

イムリア全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

スクトサウルスです。

急にごっつい生物ができてました。

体高がかなり高くて丸みがあります。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213754p:plain

スクトサウルス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

ディメトロドンです。

やはり恐竜時代前の古生物を展示している場所では、必ずと言ってよいほどその姿を見かけます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213809p:plain

ディメトロドン全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

イノストランケビアです。

歯が太くて鋭いですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213825p:plain

イノストランケビア頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

ディコノドンです。

丸みを帯びた頭部です。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213837p:plain

ディキノドン頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

3階を進んでいくと、ついに古生代に移っていきます。

"恐竜の世界"というコーナーです。

まずは、ステゴサウルスです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213915p:plain

ステゴサウルス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

続いてエウオプロケファルスです。

ステゴサウルスと並んで展示されています。

ステゴサウルスの棘のある尾と、エウオプロケファルスの骨塊のある尾が並んでいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213932p:plain

エウオプロケファルス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物ステゴサウルスノ

デイノニクスです。

飛んで獲物に飛び掛かるとこでしょうか?

f:id:Prehistoriclifeman:20210917213959p:plain

デイノニクス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

東海大学自然史博物館最大の展示、ディプロドクスです。

とにかく巨大で、このコーナーの端から端までの大きさがあります。

体や首などの下を通って下から見ることができます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214012p:plain

ディプロドクス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

タルボサウルスです。

外にも復元模型がありましたが、東海大学自然史博物館の目玉展示といえます。

大きな口を開けて吠えているようです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214033p:plain

タルボサウルス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

トリケラトプスです。

ロサンゼルス郡自然史博物館にいるトリケラトプスのレプリカだそうです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214111p:plain

トリケラトプス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

パキケファロサウルスです。

頭部が特徴的な恐竜ですから、頭骨だけでも十分見ごたえがありますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214138p:plain

パキケファロサウルス頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

ユタラプトルです。

爪が鋭いですね~。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214150p:plain

ユタラプトル後肢レプリカ(東海大学自然史博物館)

2階のフロアに進みます。

"中生代の海"のコーナーです。

このコーナーの目玉となるのが、こちらのプレシオサウルスです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214216p:plain

プレシオサウルス全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

モササウルスの顎です。

隣に展示されているアンモナイトには、モササウルスに噛まれたと思われる歯型が付いています。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214231p:plain

モササウルス実物化石(東海大学自然史博物館)

クラドキクルスです。

大きな魚ですが、この時代には食べられてしまうことも多かったでしょう。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917214248p:plain

クラドキクルス実物化石(東海大学自然史博物館)

 

アンモナイト展示も多数ありました。

こちらはニッポニテスです。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222931p:plain

ニッポニテス実物化石(東海大学自然史博物館)

ステラーカイギュウです。

とっても大きなカイギュウです。

1700年代までは生息していたんですよね。

今もどこかで生きているのではないか?と期待してしまいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222632p:plain

ステラ―カイギュウ全身骨格レプリカ(東海大学自然史博物館)

プラティベロドンとゴンフォテリウムの頭骨です。

下顎がとっても特徴的な形をしていますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222708p:plain

プラティベロドンとゴンフォテリウム頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

ケサイです。

特徴である角や毛深い皮膚は残っていませんが、頭部の形が分かりますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222726p:plain

ケサイ頭部実物化石(東海大学自然史博物館)

キロテリウムです。

すごい形をしていますよね。

下顎先端の2本の角がすごい!

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222800p:plain

キロテリウム頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

エンボロテリウムです。

平たい角はあまり見られません。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222814p:plain

エンボロテリウム頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

エンテロドンです。

内から外に向かって生えている歯が特徴的ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222835p:plain

エンテロドン頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

サハリノケトスです。

クジラの仲間としては小柄ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222857p:plain

サハリノケトス頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

スミロドンです。

牙でかっ!!

f:id:Prehistoriclifeman:20210917222914p:plain

スミロドン頭骨レプリカ(東海大学自然史博物館)

 

古生物がとっても充実した博物館でしたね~。

皆さんもぜひぜひ訪れてみてください!

 

動画もご覧ください。