Prehistoriclifemanの日記

このブログでは、恐竜やディメトロドンなどの単弓類、パレオパラドキシアなどの束柱類、メガロドンなどの大型水生生物、マンモスなど、様々な古生物動画をアップします。 古生物と会えるスポットに訪問したり、化石発掘や古生物・恐竜イベントに参加したりします。 一緒に古生物の世界を楽しみましょう♪

【古生物紹介】ティラノサウルス

今回は、ティラノサウルスをご紹介します。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20200425224015p:plain

ティラノサウルス可動型復元模型(群馬県立自然史博物館)

言わずと知れた、超有名な恐竜です。

白亜紀に生息した最大級の肉食恐竜です。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20200425232923p:plain

ティラノサウルス不可動型復元模型(水戸市森林公園)

ティラノサウルスの祖先はグアンロンと呼ばれるジュラ紀後期に生息していた種です。

中国に生息していたグアンロンは体長3mほどと小型の恐竜でした。

火山活動により地球全体が温暖化し、生息域を北へと広げてきました。

そしてその一部は北アメリカに生息するようになります。

その後、温暖化による海水温が上昇しアメリカ大陸が分裂しました。

狭い平地に多数の恐竜が生息することとなりました。

獲物が防衛的に大型化するにつれ、ティラノサウルスも巨大化の進化していきました。

特に、ライバル的な存在であるトリケラトプスは、生息地域や時代が同じであったた

め、双方は競い合うかのように体を大きくしていきました。

f:id:Prehistoriclifeman:20200425233230p:plain

ティラノサウルストリケラトプス不可動型模型(八坂公園)

こうした環境変化の影響を受け進化したティラノサウルス

最終的には体長11~13m、体重6~10tまで巨大化しました。

さらに、肉食恐竜として大きな武器となる強靭なあごと鋭い歯を有していました。

噛む力は、およそ6万ニュートンで、アリゲーターの10倍ほどです。

f:id:Prehistoriclifeman:20200425233553p:plain

ティラノサウルス頭部復元骨格(那須ハイランドパーク)

昔は直立の姿勢で歩くように表現されていました。

尾も地面につけて引きずるように歩いていたとされていたのです。

また、歩く速度は非常にゆったりしていたと考えられていました。

f:id:Prehistoriclifeman:20200425233759p:plain

ティラノサウルス不可動型復元模型(こども動物自然公園)

f:id:Prehistoriclifeman:20200425234034p:plain

ティラノサウルス不可動型復元模型(中島公園)

しかし、最近では身体を地面に対して並行にして歩行していたとする説が有力です。

尾も浮かせた状態で歩行します。

獲物を追いかけやすい姿勢です。

さらに、力強い後ろ脚!

尾と繋がる発達した筋肉がエンジンとなり高速の回転を実現していました。

走る速さは諸説あるものの、時速20~30km程度と考えられています。

f:id:Prehistoriclifeman:20200425234138p:plain

ティラノサウルス不可動型復元模型(とちぎわんぱく公園)

トレードマークは小さな前脚と2本の指です。

あまりに小さく、役になっていなかったのではないかと言われていました。

しかし、最近では起き上がる際に使用していたと言われています。

f:id:Prehistoriclifeman:20200425234251p:plain

ティラノサウルス全身復元骨格(国立科学博物館)

ティラノサウルスに羽毛が生えていたのではないか?という説もあります。

ただ、最近になりティラノサウルスの鱗の化石が発見されました。

これにより、ティラノサウルスには羽毛は生えていなかった、もしくは生えていた場合

には、背の側に限られていたようです。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20200425223927p:plain

ティラノサウルス可動型復元模型(茨城県立自然博物館)

恐竜の王者、ティラノサウルス

博物館、公園など様々な場所で目にすることができます。

この迫力を楽しんでください!

 

動画もご覧ください。