Prehistoriclifemanの日記

このブログでは、恐竜やディメトロドンなどの単弓類、パレオパラドキシアなどの束柱類、メガロドンなどの大型水生生物、マンモスなど、様々な古生物動画をアップします。 古生物と会えるスポットに訪問したり、化石発掘や古生物・恐竜イベントに参加したりします。 一緒に古生物の世界を楽しみましょう♪

【古生物スポット紹介】国立科学博物館 地球館

今回は、国立科学博物館の地球館をご紹介します。

 

国立科学博物館は、地球館と日本館に分かれています。

以前、日本館をご紹介しましたので、今回は地球館をご紹介します。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011070017p:plain

外観(国立科学博物館 地球館)

★おススメ度 Sランク

評価理由ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎プラス点

・質の高い実物化石を多数展示

・実物、レプリカ含め大型の全身骨格が多数

・恐竜、翼竜、魚竜、魚類、単弓類、哺乳類など幅広い展示

・展示物の保存状態がよく、清掃が行き届いた清潔な展示室

 

×マイナス点

・化石、骨格が中心で復元模型は少ない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 地球館も日本館も、入口は同じです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201010154257p:plain

入口(国立科学博物館 地球館)

まず、日本館の入場口が入ります。

そして、入場券を購入します。

入場券を購入すると、地球館・日本館ともに見学することができます。

以前ご紹介した日本館は、日本に生息していた、もしくは現在生息している生物を中心に展示しているのに対し、地球館は全世界の過去・現在の生物を全般的に展示しています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011070206p:plain

入場口(国立科学博物館 地球館)

地球館に行くには、日本館を突き抜けていきます。

案内表示に沿って進みましょう。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011070230p:plain

日本館を突き抜ける(国立科学博物館 地球館)

エスカレーターもしくはエレベーターに乗って地上に上がります。

エスカレーターで上がっていくと、左側に見えてくる建物が、地球館です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011070250p:plain

左側に見えてくるのが地球館(国立科学博物館 地球館)

地球館では、まず1階にある"地球史ナビゲーター"を見学しましょう!

宇宙史・地球史・人間史をテーマにした展示があります。

ここの中心にアロサウルスの全身骨格が展示されています。

頭部以外、実物の化石です。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20201012215553p:plain

アパトサウルス一部実物化石(国立科学博物館 地球館)

そのアロサウルスを囲むようにして、様々な古生物が時代順に展示されています。

 まずは、ストロマトライトです。

様々な博物館に展示されていますね。

この国立科学博物館でも複数のストロマトライトが展示されています。

一つひとつ模様が異なるところも興味深いです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012215640p:plain

ストロマトライト実物化石(国立科学博物館 地球館)

続いてエオラプトルです。

全身レプリカです。

この姿を見ると獣脚類のようですが、竜盤類ではないか?と言われています。

どちらなんでしょうね?特に原始的な恐竜たちは皆似ていますから、分類が難しいですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012215929p:plain

エオラプトル全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

三葉虫のパラドキシデスです。

実物化石です。

三葉虫としては、とっても大きな種ですが、しかもこんなにたくさん集まった状態で化石になっているなんて、すごい事ですよね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012220550p:plain

パラドキシデス実物化石(国立科学博物館 地球館)

ヘリオバティスです。

実物化石です。

胸ビレと一体化した特徴的な形がそのまま残っていますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012220906p:plain

ヘリオバティス実物化石(国立科学博物館 地球館)

パレオキロプテリクスです。

実物化石です。

最古のコウモリの仲間なんですよね。

翼もしっかりと残っています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012221146p:plain

パレオキロプテリクス実物化石(国立科学博物館 地球館)

メッセロルニスです。

実物化石です。

飛べないタイプの鳥だったようです。

足が長いのも、飛べない鳥によくある特徴です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012221310p:plain

メッセロルニス実物化石(国立科学博物館 地球館)

メリコイドドンです。

実物化石です。

頭部や胴体の形がはっきりわかります。

初期の偶蹄類といわれています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012221649p:plain

メリコイドドン実物化石(国立科学博物館 地球館)

ナウマンゾウの歯化石です。

実物化石です。

特徴的な歯をしていますよね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012222045p:plain

ナウマンゾウ実物化石(国立科学博物館 地球館)

1階の見学を終えたら、続いて地下1階に向かいましょう。

"地球環境の変動と生物の進化 ー恐竜の謎尾探るー"がテーマの展示があります。

恐竜たちが展示されているフロアです!

f:id:Prehistoriclifeman:20201011072031p:plain

地球環境の変動と生物の進化 ー恐竜の謎尾探るー(国立科学博物館 地球館)

まずは、なんといってもティラノサウルスです。

どこの博物館に行っても主役ですね!

全身骨格のレプリカです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201010160554p:plain

ティラノサウルス全身骨格レプリカ アップ(国立科学博物館 地球館)

国立科学博物館ティラノサウルスは、その姿勢が特徴的です。

なんと、しゃがんでいるのです。

足を曲げて身を低くしていることがわかると思います。

ティラノサウルスは前肢が小さく役に立たないといわれていました。しかし、比較的新しい仮説に、起き上がるときに地面を前肢で押して状態を起こすのに使用されていたというものがあります。

この全身骨格は、今まさに立ち上がろうとする一瞬を切り取ったものと言えます。

獲物を見つけて襲い掛かろうとしているのでしょう。

f:id:Prehistoriclifeman:20201010160657p:plain

ティラノサウルス全身骨格レプリカ しゃがんだ姿(国立科学博物館 地球館)

このティラノサウルスの正面にはトリケラトプスがいます。

こちらも全身骨格レプリカです。

高い位置に展示されているので、下から見上げるアングルで観察できます。

ティラノサウルスに気づき威嚇しているようです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201010161454p:plain

トリケラトプス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

トリケラトプスがもう一体います。

こちらは、国立科学博物館の一番の目玉と言えるほどすごいものです。

なんと、実物の惨状化石なのです。

トリケラトプスの形がしっかりと残っています。

とっても状態が良いですよね!

国立科学博物館に行ったら、絶対に見てほしい展示です!

f:id:Prehistoriclifeman:20201010161714p:plain

トリケラトプス産状化石(国立科学博物館 地球館)

トリケラトプスの産状化石の上には、角竜類の頭部が4つ展示されています。

いずれもレプリカです。

実物の頭部は重いですから、こんなに高い位置に展示するのは難しいですよね。

一番左側から、スチラコサウルス、パキリノサウルス、アンキケラトプス、カスモサウルスです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201010162047p:plain

角竜類頭部骨格レプリカ×4(国立科学博物館 地球館)

また、トリケラトプスの産状化石の横には、プロトケラトプスの頭部レプリカもあります。他の頭部と比べてとても小さいです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011063747p:plain

プロトケラトプス頭部骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

ティラノサウルスの横にはアパトサウルスがいます。

ティラノサウルスを回り込む形で上に上がっていく階段があります。

ここから見下ろすとティラノサウルスアパトサウルスの全身骨格を見ることができます。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012215252p:plain

上から見るティラノサウルスアパトサウルスの全身骨格(国立科学博物館 地球館)

アパトサウルスがとにかく高い。

上まで上がっても頭部が見上げるほどの高さです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012215404p:plain

アパトサウルス一部実物全身骨格(国立科学博物館 地球館)

ステゴサウルスもいます。

こちらは実物化石にレプリカの部位を組み合わせた全身骨格です。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20201010163908p:plain

ステゴサウルス一部実物化石(国立科学博物館 地球館)

ステゴサウルスと言えば、背の板骨が最大の特徴ですが、この板骨の実物化石が近くで観察できる位置に展示されています。

板骨に血管が通っていて、温度調整に使われていたことを裏付ける貴重な化石です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201010164151p:plain

ステゴサウルス板状骨 実物化石(国立科学博物館 地球館)

ステゴサウルスのもう一つの特徴である尾のスパイクは、レプリカが展示されています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011063849p:plain

ステゴサウルス尾レプリカ(国立科学博物館 地球館)

ステゴサウルスの手前には、スコロサウルスがいます。

アンキロサウルスの仲間ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064026p:plain

スコロサウルス一部実物化石(国立科学博物館 地球館)

後に回って見ると、特徴的な尾を観察できます。

ただ、少し欠けている部分があります。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064131p:plain

スコロサウルス一部実物化石 後姿(国立科学博物館 地球館)

そこで、尾の先端のみを再現したレプリカが手前に展示されています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064221p:plain

スコロサウルス尾レプリカ(国立科学博物館 地球館)


パキケファロサウルスです。

白と茶色が混ざった全身骨格です。

茶色い部分が実物化石で、白い部分が復元レプリカなんです。

全身の実物化石を揃えることは非常に難しいことなんですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064444p:plain

パキケファロサウルス一部実物化石(国立科学博物館 地球館)

ヒパクロサウルスです。

とっても背が高くて、入口付近にいますので、非常に目立ちます。

また、親の足元には子供のヒパクロサウルスもいます。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064512p:plain

ヒパクロサウルス一部実物化石 親(国立科学博物館 地球館)

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064631p:plain

ヒパクロサウルス一部実物化石 子(国立科学博物館 地球館)

シチパチです。

卵のある巣に覆いかぶさるような姿勢をしています。

羽毛で卵を温めつつ守っていたのかもしれませんね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064712p:plain

シチパチ全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

デイノニクスです。

獲物を追いかけているかのような、躍動感のある全身骨格レプリカです。

串刺しになっているように白い棒が通っているのが気になります。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064900p:plain

デイノニクス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

手元にあるタッチパネルを操作すると・・・。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064922p:plain

デイノニクス全身骨格レプリカの回転操作(国立科学博物館 地球館)

横方向に360度回転させることができます。

下や上など中々見れない角度から観察することができるんですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011064946p:plain

デイノニクス全身骨格レプリカ 逆さ(国立科学博物館 地球館)

ヘレラサウルスです。

三畳紀を代表する小型肉食恐竜のレプリカです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011065235p:plain

ヘレラサウルス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

その隣には、プレストスクスがいます。

一部が実物の全身骨格です。

四肢の付き方が恐竜と他の爬虫類では異なることがよく分かります。

f:id:Prehistoriclifeman:20201011065339p:plain

プレストスクス一部実物化石(国立科学博物館 地球館)

地下1階の見学を終えたら、次は地下2階です。

"地球環境の変動と生物の進化 ー誕生と絶滅の不思議ー"がテーマの展示があります。

 

まずは、スクレロケファルスです。

実物化石です。

スクレロケファルスは、国立科学博物館に3体も展示されています。

その中でも格段に大きく、迫力があるのがこの化石です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012223831p:plain

スクレロケファルス実物化石(国立科学博物館 地球館)

メソサウルスです。

実物化石です。

ペルム紀のメジャー爬虫類ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012230345p:plain

メソサウルス実物化石(国立科学博物館 地球館)

ユーリプテルスです。

実物化石です。

シルル紀からこんなにくっきりと形が残っているなんて、奇跡ですね!

f:id:Prehistoriclifeman:20201012230501p:plain

ユーリプテルス実物化石(国立科学博物館 地球館)

魚類もたくさんの種が展示されています。

まずは、ウィンクティフェルです。

実物化石です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012230619p:plain

ウィンクティフェル実物化石(国立科学博物館 地球館)

カラモプレウルスです。

実物化石です。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20201012230721p:plain

カラモプレウルス実物化石(国立科学博物館 地球館)

アクセルロディクティスです。

実物化石です。

シーラカンスの仲間ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012230811p:plain

アクセルロディクティス実物化石(国立科学博物館 地球館)

カントーデスは2体並んで展示されています。

まず、1体目はこちらの平面的な実物化石です。

形はクッキリとしています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012230912p:plain

カントーデス①実物化石(国立科学博物館 地球館)

もう人がこちらの実物化石です。

同じ種?と疑問になるくらいサイズが違います。

形もはっきりしていますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012231034p:plain

カントーデス②実物化石(国立科学博物館 地球館)

コッコテウスです。

実物化石です。

生きている頃から、きっと硬かったのではないかと思わせる頭部をしています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012231343p:plain

コッコステウス実物化石(国立科学博物館 地球館)

アステロレピスです。

実物化石です。

こんなに立体的な形に残っているなんてすごい貴重ですね!

f:id:Prehistoriclifeman:20201012231541p:plain

アステロレピス実物化石(国立科学博物館 地球館)

ダンクルオステウスです。

頭部の復元模型です。

 

f:id:Prehistoriclifeman:20201013220849p:plain

ダンクルオステウス不可動型頭部復元模型(国立科学博物館 地球館)

カルカロクレス・メガロドンです。

国立科学博物館では、カルカロドン・メガロドンとして展示されています。

巨大な歯のレプリカを口の形に並べています。

また、別の場所には1つだけですが本物の歯化石が展示されています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014213643p:plain

カルカロクレス・メガロドン歯レプリカ(国立科学博物館 地球館)

ヤノケトゥスです。

頭部の骨格レプリカです。

小型のヒゲクジラの仲間ですが、それでもこの大きさです。

現生のヒゲクジラにはない歯があります。

ギザギザしていて特徴的です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201013221042p:plain

ヤノケトゥス頭部骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

小さな古生物の展示コーナーもあります。

まず、コノドントです。

復元模型です。

コノドントは歯の化石であると言われていますね。

ギザギザした歯が奥行きを持って展示されています。

実際の配置を再現しているんです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014214054p:plain

コノドント不可動型歯復元模型(国立科学博物館 地球館)

続いて放散虫です。

様々な形や大きさの放散虫の復元模型が展示されています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014214306p:plain

放散虫①不可動型復元模型(国立科学博物館 地球館)

f:id:Prehistoriclifeman:20201014214357p:plain

放散虫②不可動型復元模型(国立科学博物館 地球館)

フズリナです。

内部の構造まで分かる復元模型です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014214447p:plain

フズリナ不可動型復元模型(国立科学博物館 地球館)

この他にも三葉虫アンモナイト、ウミユリなど様々な小型古生物が展示されています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014214552p:plain

三葉虫不可動型復元模型(国立科学博物館 地球館)

翼竜の展示もあります。

こちらはランフォリンクスです。

長い翼が交差する実物化石です

小型翼竜の代表格ですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014214700p:plain

ランフォリンクス実物化石(国立科学博物館 地球館)

アンハングエラ・ピスカトルです。

全身骨格レプリカに翼を付けて羽ばたいた姿を表現しています。

現生のオウギワシと並んでいて、大きさが比較できます。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014214810p:plain

アンハングエラ・ピスカトル不可動型復元模型(国立科学博物館 地球館)

地下2階の古生物展示の中で、とってもインパクトあるのが"水に戻った四肢動物"というコーナーです。

生活の場を水中から陸上に移し、その後再び水生生物へと進化を遂げた生物たちが展示されています。

中でも、大型水生古生物たちはかなりのインパクトです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201012222335p:plain

水生生物スペース(国立科学博物館 地球館)

このコーナーで一番目立っているのは、最上部の左右にいる2体の大型水生生物です。

左側にいるのがバシロサウルス・ケトイデスです。

全身骨格のレプリカです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201013221410p:plain

バシロサウルス・ケトイデス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

右側にいるのが、ティロサウルス・プロリゲルです。

全身骨格レプリカです。

この2体の体は非常に長く、コーナーの始まりから終わりまで伸びています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201013224539p:plain

ティロサウルス・プロリゲル全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

アーケロン・イスチイロスです。

全身骨格レプリカです。

巨大なカメですね~。

f:id:Prehistoriclifeman:20201013222352p:plain

アーケロン・イスチイロス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

ステラ―ダイカイギュウです。

全身骨格レプリカです。

このコーナーの最後の方に展示されており、大きくて目立つ存在です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014215335p:plain

ステラーダイカイギュウ全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

パレオパラドキシアです。

全身骨格レプリカです。

水中を泳いでいるような姿です。

高い位置にいるので、特徴的な歯を見ることができませんが、日本館にネオタイプのパレオパラドキシアが展示されていますので、そちらも観察してみてください。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014215513p:plain

パレオパラドキシア全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

単弓類を2種ご紹介します。

ディメトロドンです。

全身骨格レプリカです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014221435p:plain

ディメトロドン全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

エダホサウルスです。

全身骨格レプリカです。

ディメトロドン以上に帆が長いですね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014221541p:plain

エダホサウルス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

スミロドンです。

全身骨格レプリカです。

鋭い牙に大きく開いた口で、相手を威嚇しているようです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014221718p:plain

スミロドン全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

ホプロフォネウスです。

全身骨格レプリカです。

獲物に飛びかかろうとしているような、躍動感のある姿です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014221901p:plain

ホプロフォネウス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

ダイアウルフです。

全身骨格レプリカです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014222006p:plain

ダイアウルフ全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

ホラアナグマです。

全身骨格レプリカです。

右下には実物の頭部化石が展示されています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014222044p:plain

ホラアナグマ全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

パノクトゥスです。

全身骨格レプリカです。

後には甲羅のレプリカも展示されています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014222125p:plain

パノクトゥス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

大迫力の長鼻目も多数展示されています。

アメリカマストドンです。

全身骨格レプリカです。

顔を持ち上げ大きな牙を高く掲げているようです。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014220646p:plain

アメリカマストドン全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

コロンビアマンモスです。

全身骨格レプリカです。

牙が中央に向かって弧を描いています。

アメリカマストドンと比較しても立派な牙です。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014220710p:plain

コロンビアマンモス全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

デイノテリウムです。

全身骨格レプリカです。

この牙、常識を覆すような向きに生えていますね。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014220736p:plain

デイノテリウム全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

メリテリウムです。

全身骨格レプリカです。

小型で長鼻目とは思えない姿をしています。

f:id:Prehistoriclifeman:20201014220808p:plain

メリテリウム全身骨格レプリカ(国立科学博物館 地球館)

いかがでしたでしょうか?

さすが、国立科学博物館!!

とにかく、展示物が多いですし、大型だから迫力があります。

一生に一度は見学してほしい、古生物の宝庫です。

 

動画もご覧ください。